Lost「失われし詩」って何語!?

このトピックには13件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。6 年、 10 ヶ月前 ゲスト投稿 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #2520 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (2006年06月17日 22時58分23秒)
    こんにちわ~!
    かなり今更ですが
    「失われし詩」の歌詞は英語・・・ですよね?
    自分英語リスニング能力低すぎて聞き取れないです。
    英語歌詞を宜しかったら教えていただけませんか?
    「I must live,I fun to love on lefty high~」とか言ってるように聞こえるのですが歌詞カード見てもしっくりこないので皆さんに助けていただきたいです。

  • #3350 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (2006年07月08日 03時40分50秒)
    以前、
    ・「大昔に公開されてた試聴曲Ver(1,566,535bytes)」を、
    ・意味の解釈をを放棄して、
    ・目標を「じぶんが歌えること」として、
    聞き取ってみたときのメモが出て来ました。
    失われし詩は、「独自の謎言語」とされてるらしいのですが、単語を拾っていく足がかりにでもなればさいわいです。

    あーいふぁうすてゅーりー
    a-i.faus.tyu-li-
    あいふぁうんとぅらーいと
    ai.faun.tula-it
    ふぉろふてぃーはーいん
    folof.ti-hain
    ざーっとぅふぁーいんでぃえるもぅす
    za-.tu-.fa-indi.elmous

    くーぜるふぃーのーす
    ku-zel.fi-no-s
    すてぃるりーえらーいず
    sti-l.li-.era-iz
    のーえずうぃー
    no-.ezwi-
    えんふぃーろーすとぅりー
    en.fi-ro-s.tuli-

    すぃーうぇーずだ・くらるふぁい
    swi-we-z.da.kralfai
    なんうぃーざ・ふぇいろー
    nan.wi-za.feirou

    えんうぃーずだ・りーりーす
    en.wi-z.da.li-li-s
    めいふぁーるだ・だうんろーず
    mei.fa-r.da.daunro-z

    でいてゅーだ・ふゅーでーい
    dei.tyu-.da.fyu-de-i
    でいてゅーだ・ふゅーでーい
    dei.tyu-.da.fyu-de-i

    でいふぃーら・ふぁるてーす
    dei.fi-.ra.falte-s
    なんふぃーずだ・ふらうろー
    nan.fi-z.da.flauro-

    でーれーすとぅるー
    de-.re-s.turu-
    ヴぃあめりさーうぃろーず
    via.merisa-.wiro-z

    であ・るーふぁーうすとぅりー
    dea.ru-faus.tuli-
    めあ・えりふぇいすとぅーりー
    mea.erifeis.tu-li-

    もわ・れいろーどぅふぃー
    mowa.reiro-d.fi-
    じあ・せりふぁいんとぅらー
    thia.serifain.tula-

    ぜわりーそん・め・りーぜなーろーん
    thewa.ri-son.me.ri-zena-ro-n

    らんらんらんらん
    lanlanlanlan
    らんらんららん
    lanlanlalan
    らんらんらんらん
    lanlanlanlan
    らんらんらんららんらん
    lanlanlanlalanlan

  • #3352 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (2006年07月08日 06時26分13秒)
    単純な引用だと具合が悪い気がしたので分析を加えておきます。

    発音表記に一貫性がないので、あくまで参考ですが、文字の登場回数を調べて、etaoin shrdlu(=英語によく出る文字の上位)あたりを念頭に分析してみます。最後のlanlanlan…は除きました。

    母音。
    ・母音の[i]がとても多いです。(i=44,a=36,e=27,o=14,u=22)。英語と比較した場合、英語は[i:]をeeと表記したりtheとかは[e]の音にならなかったりするので単純に比較はできませんが、[i]の多さは特徴的と思います。
    ・印象ですが、二重母音と長母音という概念がありそうな気がします。
    ・印象ですが、母音は英語の使う母音の範囲に収まってる気がします。

    子音。
    ・舌系の音がとても多いです。(n=16,t=16,d=16,l=16,r=20)。l,rの聞き取りは怪しいですが、まんべんなく多い印象です。
    ・唇系の音で、[f]の登場回数が特徴的です。あと、p、bが出てこないのも特徴みたいです。(f=20,v=1,m=6,p=0,b=0)
    ・のどの奥系の音が少ないです(k=2,g=0)。
    ・その他の子音では(s=14,z=11)が比較的多いです。
    ・母音っぽい子音は結構出てくるようですが、これは表記の問題かも(w=8,y=5)。
    ・(c=0,j=0,q=0,x=0)は表記の関係で出てこなかったような気がする文字です。

    単語切り出し。
    取りだせそうなパターンは「すとぅーりー」があります。これに似たパターンは同じ語と考えることもできるかも知れません。「すてゅーりー」、「すてぃるりー」、「すとぅりー」などですこれがこの詩のテーマと仮定することはできそうです。これらを同じ単語とした場合、ひとつの単語の発音のブレの許される範囲とか(無声化とか、音便とか)が少し見えるかもしれません。
    中盤の××da○○という歌詞が多発してるとこは、バックコーラスが「らん・ららら・○○」となっていることから、少なくとも○○は単語ないし熟語と考えてよいような気がします。
    そうして仮に取りだせる語は、「くらるふぁい」、「りーりーす」、「だうんろーず」、「ふゅーでーい」、「ふらうろー」。あと、同じメロディの区切りに当てはまる「ふぇいろー」、「ふぁるてーす」も語として取りだしていいかも知れません。

    長くなりました。書の落書きの方がよかった…かな?

  • #3353 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (2006年07月08日 08時50分39秒)
    ごめんなさいもういっこだけ。

    上で挙げた「単語」の前後に注目すると、冠詞とかbe動詞のように「見えてくる」パターンがあるようです。
    活用語尾とかである可能性もありますが、注目する意味がありそうです。
    そこで、「母音で始まる短い単語が何度も登場してる」と仮定して単語の区切りにある程度見当をつけて、ちょっと整理して書きなおしてみます。
    [aif][au STILLI:], [aif][au NTULAIT]
    [folofti:hain], [za:t][uf][ai NDIELMOUS]
    [ku:zelfi:no:s], [STILLI:eraiz]
    [no:ezwi:], [enf][ir][o STULLI:]
    [swiw][ez][da KRALFAI], [nanw][iz][a FEILOU]
    [enw][iz][da LI:LI:S], [meif][ar][da DAUNROUS]
    [deit][yu][da FYU:DEI], [deit][yu][da FYU:DEI]
    [deif][ir][a FALTES], [nanf][iz][da FLAULOU]
    [dear][e: STULLU], [viam][eris][a:wiro:]
    [dear][uf][au STULLI:], [mea][erif][ei STULLI:]
    [mow][ar][ei RO:DFI:], [zias][erif][ai NTULA:]
    [zew][ar][i:son], [mer][iz][enaro:n]

    単語と思われるものは大文字にしました。
    ちょっと言語っぽくなって来ました(?)が、音はぜんぶ日本語ローマ字読みの要領で読みます。
    一行目の単語の区切りはかなり自信があります。
    勉強したことがないのですが、f音で終わる単語がいくつも出てくるあたりドイツ語にちょっと似てません?

  • #3354 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (2006年07月10日 15時35分13秒)
    はじめまして。
    いま唐突に思ったのですが、SHお得意の逆再生の可能性は無いでしょうか?

  • #3355 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (2006年07月11日 02時09分12秒)
    auとかeiとかの前にfが来ることがすごく多いみたいなので、「fは語頭に来易い」という仮説の元に「fau, fai, fei」という単語があると仮定して、単語の区切りを直したりしてみました。
    あと、歌い手が強調してる気がするところを大文字に、長音の表記を母音重ね書きに、それから、似たパターンが繰り返し登場するように。書きなおしてみました。
    とりあえず、わたしが「意味がわかってると見せかけて歌う」ためにはほぼ満足です。
    長音を重ね書きにしたことで、逆転再生読みもしやすくなったと思うのですが、うーん。少なくとも英語や日本語ではなさそうな感じがしてます。
    Ai fau Stuullii, Ai fau nTulait.
    foo Loftihain, zaatuu fai nDielmous.
    kuuz el Fiinoos, Stillii eraiz.
    Noo wez wii, en Fiiloo Stullii.
    Sui weez da Kralfai, Nan wiiz a Feirou
    En wiiz da Liiliis, Mei faar da Daunrous
    Dei tyuu da Fyuudei, Dei tyuu da Fyuudei
    Dei fiir a Faltes, Nan fiiz da Flaurou.
    de elee Stulluu, Viam eli saa wiloo
    de aluu fau Stullii, Me a eli fei Stuullii
    mowa Leilood fii, zias eli fai nTulaa
    zewa Liison, Me Liizenaloon.

    長めの、「似たフレーズ」で繰り返されてる
    ai fau Stullii->eli fei Stullii
    ai fau nTulait->eli fai nTulaa
    の対比が目を引く気がするですが…。これ以上の分析はムリかなぁ。

  • #3356 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (2006年07月11日 21時28分21秒)
    Diska様、今羽様ご意見有難うございます。
    英語かと思っていたらとんだ検討違いでしたね(汗

    そういえば
    「未だ時代も場所さえも正確には特定できていない」
    ってことはどこの言葉かも特定されていないって事で
    この言語創作語ということも考えられますよね。汗

    Diska様の考察を見たところ
    ルールがありそうですが・・・。

  • #5985 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    (以下、詩詞)

    大好きな空 大好きな町
    このまま同じように明日へ続いてゆくと信じていた

    乾いた口笛 空を渡る調べ
    その日風に乗るのは口笛だけじゃないと知った・・・

    それは小さな悪意の種
    始まりはたった一つの嘘
    貴方は誰? 私は誰?
    良くも悪くも感情は育ってゆく花

    渇いた大地には疑心暗鬼の雨が降り
    私の国は一夜にして滅んだ
    信じあう心…それは『忘レてはいけないモノ』
    何故もっと早く気付かなかったのだろう・・・

  • #6888 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    初めまして、この曲に使われている言語は、

    人工言語といって、「エスペラント」という言葉です。

    Wikiでエスペラントと検索していただくと、詳しいことがわかるかもしれません。

  • #6890 返信

    Diska
    参加者

    >人工言語といって、「エスペラント」という言葉です。

    興味深い説と思い、ちょっとWikipediaやその周辺で調べてみたのですが…結論から言えば、どうもうまく解釈できませんでした。

    発音。
    わたしの耳的には、「失われし詩」に出てくる母音は、音素的に日本語と同じで、このあたりは「aiueo」の5つの母音しかないエスペラントと共通するかなとか思います。子音は、正直よくわからないのですがぱっと見た感じでは、「失われし詩」の音をエスペラントが使うアルファベットで表現することはできそうに思いました。これはばっちりな感じです。

    意味。
    単語が拾えません。
    WikipediaやGoogleで探せるエスペラントと日本語の対応表で、関係ありそうな音や日本語の単語をみてみたのですが、「これは」と思える単語がどうしても見つかりませんでした。

    意味:基礎単語。
    日本語みたいに主語の省略とかが可能である可能性はあるのですが、英語で言えば「I, my, me, it, its, it, they, their, them」あたりに該当するはずの「mi, mia, min, g^i, g^ia, g^in, ili, ilia, ilin」とか、「be」に当たる「-est-」の音がほとんど拾えません。わたしの耳と表記に従えば、11行目のziasあたりがわりと近いと思うのですが、他に1度も出てきてないように思います。
    「日本語とエスペラント語は母音が1対1対応してる」というわたしの理解が正しいとしたら、普段日本語でしゃべってる人がエスペラント語で歌って母音があいまいになる(「あ」が「え」に聞こえるような歌い方になる)ことは、そうそうないのではないかと思います。

    意味:キーワード。
    あと、訳詩の中でキーワードとなってるような、「口笛(faif-)」、「悪意(malbon-, malic-)」、「忘れる(forges-)」とかの音が拾えません。あくまで意訳だから表現はもっと別でこのあたりの単語を使ってない、という可能性も充分考えられるのですが、まだ「これはこの単語が使われてるに違いない」というものが見つけられません。

    「失われし詩の歌詞が人工言語であるらしい」という話は以前聞いたことがあり、また「エスペラントは人工言語である」というのは理解しているつもりなのですが、「だから失われし詩はエスペラント語で歌われてる」ということにはならないので、

    「失われし詩のこの部分はエスペラント語で書くとこうだ!ここはこの単語だ!」

    というのがでてこないと、エスペラント語説には納得できかねます。

    ただ、

    –>Revoさんが作った言語だとしたらエスペラント語は参考にしたかも?
    –>だとしたら、語尾が「o」な単語は名詞で、語尾が「i」なのは動詞とかかも?

    とかいった方向性の研究は、何だか収穫がありそうな気もしています。

  • #6892 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    Diska様の詳細な分析、以前から感心して読ませていただいていました。
    私もこれは陛下の創作言語だと思っています。
    少し話が逸れてしまうのですが・・・
    この言語、『書の囁き』や『黒の魔獣』の「あいりうぉーす~」というバックコーラスと語感が似ている気がしませんか?
    もしそうならヒントとなる文章が多少増えるわけで、少しは解読の助けになるかなーなんて。
    的外れだったらすいません。

  • #6929 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    >>wikiを見てもよくわからなかった

    エスペラント語はあまり知られておらず、
    使用者も本当に少ない人工語なので、
    wikiに書いてある文では理解できないかもしれません。

    また、エスペラント語は
    フランス語、英語、イタリア語、日本語など様々な言語を引用してつくられているので
    短い文章だと、英語やイタリア語と勘違いしてしまう人が多いようです。

    まだ私はエスペラント語を習ったばかりなので、詳しくはいえませんが・・・

  • #6933 返信

    Diska
    参加者

    >>wikiを見てもよくわからなかった

    誤解を招く書き方になってたのかも知れないのですが、わたしが言いたかったのは、「Wikipediaとそこからたどれる情報を見て、エスペラントとはどういうものかある程度わかった->その理解で、失われし詩を解釈しようとしたけど、うまくいかなかった。」ということです。
    対象の言語が母国語と余程似てる、とかでなければ、自然語より人工語の方が一般には理解し易い気がします。

    「失われし詩はエスペラントではない」とは言いませんし、「英語やフランス語やドイツ語やラテン語よりエスペラントに似てる」と言うのは賛成してもいいのですが、「わたしがいまの知識で失われし詩の音をエスペラントとして解釈しようとしてもうまく行かなかった」のは間違いありません。

    語幹があれば単語の造語自由なのも理解してるつもりなので、「日本で無料で手に入るエスペラントの辞書にある単語が見つからないというのは反証にならない」、としても、「だからこの歌詞はエスペラントである」ということにもなりません。
    具体的に、たとえば1行目の「あいふぁうすとぅーりーあいふぁうんとぅらーい」を、どこで区切って、どこがどの品詞の単語と解釈できるか、できれば、何という意味の単語であるのか、といった例が出てこないと、これが「エスペラントである」とは納得できません。

    仮に1行目がエスペラントの「大好きな空、大好きな町」という意味で、意訳をはさまずに日本語の表現そのままだとしたら、
    「『DAISUKIN』A 『SORA』O 『DAISUKIN』A 『MACHI』O」
    みたいに語尾が「あ、お、あ、お」の母音で終わる(語幹は仮に日本語からの借り物で表記)気がしますが、その仮定で単語を区切ろうとすると、
    「あいふぁ うすとぅーりー’ あいふぁ うんとぅらーい’」
    (それっぽく書くなら「Aifa ustulijo, aifa untulajo.」?)
    とか「単語の切れ目が歌の流れとして変な感じで『あいふぁ』のアクセントも不自然で、さらに詩だから語尾の省略が起こってる」とかいう説明が必要になると思います。
    ……が……あれ?……これはこれでもアリな気がしてきました……。もうちょっと研究の余地が??

    あんまり関係ないのですが、エスペラントでrevo(れーヴぉ)は「空想、夢、願望」のことらしいです。エスペラントを追っててとんでもないものを見つけてしまいました。

  • #7655 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    はじめまして失礼します。
    思いつきなんですが、「失われし詩」という題名なくらいだし、
    死語や古語とかなのかもしれないですね。
    ラテン語とか古英語とか・・・
    そこらへんの知識がまったく無いので根拠もへったくれもないんですけどね(笑)

返信先: Lost「失われし詩」って何語!?
あなたの情報: