Baroqueのコーラス

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。3 ヶ月、 1 週前 スーパーコピー商品 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #2700 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    Baroqueの最後のコーラスについて質問があります。
    様々な歌詞サイトさんで、「zile fine」としているところと「zi le fine」としているところを見かけたのですがどちらが正しいのでしょうか?
    また、これはフランス語だというのを何処かで読んだのですが、ziという単語もzileという単語も辞書に載っていませんでした。これは何語で何という意味で、どのような発音なのでしょうか?
    此らと、「Baroque vierge」とは違い、歌う時に「バロッ[b]ク[/b]~」と、一音一音節?でなくなってしまう(Sactificeのコーラスみたいな…)点から、「zilefine」ではないんじゃないかなと私は思っているのですが、如何なのでしょうか。
    教えて頂けると嬉しいです。

  • #4491 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    zi le fine…
    確かに辞書には載ってませんね。
    自分もフランス語はあまり詳しくないのですが、 le の方は定冠詞だと思います。英語で言う The です。

    だから le fine は、 the end でいいと思うんですが・・・
    となると zi は英語で言う前置詞か何かではないでしょうか?
    …あまり、役に立たなくてすいません。

  • #69919 返信

    スーパーコピー商品

    メンズサイズ フランクミュラーの腕時計は、個性を大切にしたい方におすすめ。
    ダイバーズという機能性を大切にするため、視認性を良くしていますよ。
    また、クロノグラフ搭載の「ヴィンテージ BR 126 エアロナバル」については、ジャックロードさんなどで在庫を確認していますが、概ね40万円程度となっています。
    定価も10万円台から40万台のお品物とモデルも幅広く、30代の男性中心に人気のある時計です。
    に話したら、パトリックフィリップ、パネライ、IWC、などに続き、少しお手頃価格とのことで、ベル&ロスも紹介されました。
    時計に詳しい方、ベル&ロスをどう思われますか?
    ベル&ロス愛好家の方、気を悪くしたら、すいません。
    ハミルトンの歴史は古く、120年以上も前から人々の生活に合った腕時計を作り続けており、男性に人気のジャズマスター・ミリタリーテイストを宿すカーキシリーズ・ビンテージな味わいが魅力のアメリカンクラシックなど、人気シリーズも多数。
    そこで、質問なのですが、確かに50万以上はしましたが、歴史の浅いファッション的要素が強い感じがするベル&ロスは一生物とよべるのでしょうか?
    古くてもメンテナンスしてあればどんだけでも使えてしまうし、世間でも中古の機械式時計には需要があります。
    民間航空が台頭し出した1960年代当時のスポーツウオッチを想起させ、〝ヘリテージ”はその当時の雰囲気をディテールの隅々に表現したニューコレクションなのです。
    そういう観点から機械式時計なら全て丈夫と言えます。
    エレガントさと、男らしさを演出する腕時計として非常に高い人気を誇る高級腕時計の定番モデルと言えます。
    その中でも不動の地位にあるブルガリ・ブルガリはベゼル部分に施されたブランド名の刻印がスタイリッシュでクロノグラフでありながら非常に整ったフェイスを持つジュエリーともいえるようなオススメの腕時計です。
    どの腕時計も一生モノに成り得る高い機能性と高いデザイン性を備えていましたね。
    文字盤はシルバーもありますが、女性らしいピンクも人気があります。

    スーパーコピー商品 https://www.yutee007.com/alone/detail-1.html

返信先: Baroqueのコーラス
あなたの情報: