辿りつく詩の”天堕つる雨”なんですが

ホーム フォーラム「教えてっ!ぴこ魔神☆」 ソラミミ質問~クロセカ編~ 辿りつく詩の”天堕つる雨”なんですが

  • このトピックには3件の返信、2人の参加者があり、最後にchronica-noteにより2年、 1ヶ月前に更新されました。
3件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #2536 返信

      ゲスト投稿
      参加者

      (2006年06月29日 16時19分13秒)
      初書きです。まず一つ了承を頂きたいんです。私は日本語が母国語ではない者ですし、別に日本語が上手でもないんですので、この文も結構変だと思います。ですが、歌詞の中どうも私ではよく分からない所がありましてここに質問を書き上げるようになりました。
      辿りつく詩の一節ですが、「天堕つる雨」 これ、何故”おつる”となっているのでしょうか?もし「天をつる雨」に何か意味があるのでは、と思ってもみましたが、この意味が分かりません。何故”つ”を使っているのか教えて頂けると本当にありがとうございます。では失礼します。

    • #3400 返信

      ゲスト投稿
      参加者

      話し言葉ではありません
      (2006年06月30日 00時58分01秒)
      「天堕つる雨」とは「天を堕ちる雨」という意味ですが、この”堕つる”というのは、”堕ちる”の文語表現です。
      文語というのは、古代の日本語を基にして作られた文学的な言葉、いわゆる「書き言葉」のことで、口語(話し言葉)とは動詞の活用などに大きな違いがあります。
      「堕ちる」を例にした文語と口語の動詞活用の対比は、以下の通りです。

      基本形:堕つ=堕ちる
      未然形:堕ち(て)=堕ち(て)
      連用形:堕ち(て)=堕ち(て)
      終止形:堕ちつ(。)=堕ちる(。)
      連用形:堕つる(こと)=堕ちる(こと)
      已然形:堕ちれ(ど)=堕ちて(も)
      命令形:堕ちよ=堕ちろ

      この辺りのことは、日本の学生も古文の授業で大いに苦労して覚えるところですので、詳しくは下記のサイトや専門書などをご覧下さい。
      http://contest.thinkquest.jp/tqj2001/40555/gakutop.htm

    • #3401 返信

      ゲスト投稿
      参加者

      (2006年06月30日 19時31分15秒)
      シドウミツキ様、本当にありがとうございます。文語だったんですね^^; こんなボケた質問にここまで詳しく教えてくださるなんて… ありがとうございます!

    • #82939 返信

      chronica-note
      ゲスト
3件の返信スレッドを表示中
返信先: 辿りつく詩の”天堕つる雨”なんですが
あなたの情報: