聖戦と死神で度々かかるコーラス 「ぐろのふぃーねっさ!」

Home フォーラム「教えてっ!ぴこ魔神☆」 ソラミミ質問~クロセカ編~ 聖戦と死神で度々かかるコーラス 「ぐろのふぃーねっさ!」

This topic contains 21 replies, has 2 voices, and was last updated by  ゲスト投稿 7 years, 5 months ago.

  • Author
    Posts
  • #2513 Reply

    (2004年11月14日 00時28分14秒)
    グラスミアの戦いのコーラスも気になるのですが。あれ日本語訳もないから、全く何がなんだか。
    ぐろろびーえっさ! …ってカンジの部分。

  • #3299 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2004年11月14日 00時39分38秒)
    やっぱりその二個所気になりますよねえ。
    征戦の方、微妙に拾えるようなでもやっぱ分からにゃい(´・ω・`)

    ぐらんどふぃーれす ふぃーりす ふぇーろっさ

    ってカンジ? 公式掲示板生きてる内に質問しときゃよかったか。

  • #3300 Reply

    (2004年11月14日 00時40分19秒)
    実はケルト語でしたとか、エルフ語とかバルカラル語でした、とかいう
    オチでないのを祈るばかり。

    カタカナでさえ拾うの難しいですよねえ…(´・ω・`)
    やっぱby Chronicleっていってるから英語っぽいけど…
    獣をベスティアっていうのって何語だったけか…

    >ぐらんどふぃーれす ふぃーりす ふぇーろっさ

    あ、これ近い。

  • #3301 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2004年11月14日 00時44分15秒)うーん。すいません。お手上げです。私にも166で玉川さんが書いていたように聴こえます。

    >ぐらんどふぃーれす ふぃーりす ふぇーろっさ  ってカンジ?

    歌っていたご本人達なら当然判ってらっしゃるんでしょうが
    是非、明文化してほしいです・・・(。。;)
    劇団●季楽曲のようにSHの曲もカラオケ化されれば、ここらへんの
    疑問は明かされるのでしょうか
    コーラスの歌詞は無かったりし・・・て・・・(´・ω・`)

  • #3302 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2004年11月16日 21時15分14秒)いろいろと調べてみました。
    聖戦のバックコーラスは英語のようです。
    英語でしか調べていないので不安ですが…。

    バックコーラスが入るのは「銀色の死神」と「聖戦と死神」。
    これも微妙に歌い方が違いました。
    「銀色の死神」→Grand finesse finesse finesse
    「聖戦と死神」→Grand finesse Grand finesse Grand finesse finesse finesse

    発音に少し無理があるところがあるんですが、歌うと発音変わる箇所もあるんじゃないかと…。
    直訳すると”壮大な策略”ですが、これが軍歌だったら不自然ではない気が…。

  • #3303 Reply

    (2004年11月21日 16時53分56秒)
    うおっ!皆様、引き続きの調査ありがとうございますっ!

    >ぐろろふぃーれっさ

    Σ(;゚Д゚)!
    Grand finesse finesse finesse!!
    壮大な策略!!
    なんかそれっぽい! 凄い大きな前進という気がしますよ!? 高橋様、GJ!

  • #3304 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2005年04月23日 21時19分46秒)
    とうとうSH11スレで、正解に近いと思われる空耳が出ましたね~

    Chrono Venies! Vidies! Velesa!
    くろのふぃーねす!ふぃーでぃす!ふぇーろっさ!
     
    ラテン語でVelesa、すなわち死神がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!! という意味のようです。

  • #3305 Reply

    (2005年04月23日 23時14分39秒)
    私も感動しました(;´Д`)ハァハァ

    >>280氏は私の中でRevo神の化身認定。

  • #3306 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2005年04月25日 17時51分10秒)
    SHスレは見てないのでここの書き込みからの推理をば
    ここの書き込みみてから改めて聞き直すと
    Grasmereの戦い直前の不吉なコーラスは
    ぐろー ふぃねっせ ごーふぃれんつぇ
    くろー う゛ぃーねす びーでぃす ばーれっさ
    という風に似たようで違う文をリピートしてるように聞こえました
    Grand finesse! Goes in Florence.
    Chrono, Venies! Vidies! Velesa!
    壮大な策略! フィレンツェを行く!
    恐るべき死神がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
    になるのかな?
    良く聞くとAragonの戦いとGrasmereの戦いのコーラスが違うような?
    Aragonの戦いは、「全軍突撃!」の後に死神が来たぞ~! とコーラスが。
    Chrono, Venies! Vidies! Velesa!
    だけ歌っているように聞こえます。
    Grasmereの戦いは、上記の通り発音や紛らわしいけど、違う文がリピートされてるような。そして、コーラスは戦いが始まる前にかかります。
    Aragonの戦いでの戦果で『Belgaの死神』の名が付いたであろう事を考えると妙にしっくり来るような。
    先の方の戦いの後『死神』のあだ名が付き、Grasmereの戦いで「あの『死神』がなんでこんなところにいきなり出てくるんだ!」という表現なのかも。

    でも戦場がフィレンツェに縁があるかはわかんないな…。地図帳もう捨てちゃったよ
    舞台がまったく見当違いなら全くの誤訳ですので…
    (策略~ のあとは日本語を適当に英語にしてみたのからこじつけたので…言語違うよね)

  • #3307 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2005年04月26日 23時53分29秒)
    えー、初めまして。
    聖戦のコーラス部分で「Chrono Venies! Vidies! Velesa!」という説を提唱させて頂きました、某スレ280です。
    敢えて追記する必要も無いかとも思ったのですが、Grasmereの戦いの際に入るコーラスに関しましても、
    Chrono Velesa! Chrono Velesa! Chrono Venies! Vidies! Velesa!
    で、音的にも問題ないかと思われます。
    (訳:死神が(今)! 死神が(今)! さあ時間だ、来たぞ! 見ろ! 死神だ!)
    否定的な意見は心苦しいのですが、上述されている強弱さんの説では英語の後にラテン語という訳の解らない事になってしまいますしね(;´Д`)

    さて、ついでと言って何ですが、少し。
    依然物議を醸している「アイリウォス~クロニクル」の部分ですが、どうもこれもラテン語ではないかと愚考した次第。
    記憶頼りで訳が甚だ曖昧なのですが、
    ailvos(英語のIやyouに当たるvosの変化で、アイリウォス=我ら)やflam me(フラム・ミ=囚われる)など、どうも音的に重なる箇所が有るようですので……。
    もともとChronicleという単語もギリシア語起源のラテン語が、英語にもそのまま流用されているものの一つですし、「書の魔獣」に於いては魔獣=Bestia(ベスティア)仕組=Systema(システィマ)とどちらもラテン語で発音されていますので、件のコーラスに関しても全文ラテン語である可能性は高いかと。
    時間が取れ次第、自分で調べてみようと思っておりますが、単なる勘違いで実は英語だったという事も充分に有り得ますので、余り期待はしないで下さい(;´Д`)
    勿論、もしもラテン語で全文が判明するようでしたら、こちらにも書き込ませていただくつもりですが。

  • #3308 Reply

    (2005年04月27日 00時20分02秒)
    ネ申キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
    >>280氏ようこそ!

  • #3309 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2005年04月27日 17時18分23秒)
    いや、むしろ否定されてよかったです。
    Chrono Velesa! Chrono Velesa! Chrono Venies! Vidies! Velesa!
    (訳:死神が(今)! 死神が(今)! さあ時間だ、来たぞ! 見ろ! 死神だ!)
    まさにいるはずのない敵兵が現れて混乱してる戦場という感じですね。こっちのほうが根拠が確かでつじつまも合う。正解が出てきてうれしいです

  • #3310 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    (2006年08月03日 23時58分46秒)こちらは英語だとおもいこんでいました。
    Luck of Venus! Venus! Venus!(女神の幸運を)
    勝利の女神の祝福を、みたいなかんじで。
    ラテン語かっこいいですねぇ。眼から鱗です!

    最近クロセカきいたので各所にコーラス考察を残していてもうしわけありません。
    ついでに「蒼い眼の海賊」の海賊コーラス
    ♪ほーらふらふーほらふらふ うほうほー

    Ho! Laugh laugh! Ho laugh laugh, Ho! Ho!
    ですかね?ディズニーの某海賊ソングもYo Ho Yo Ho!なので。

  • #4205 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    Veles さまの説について、わたしは賛成できません。
    動詞だけを見ても、

    ・venies は venio「来る」の直説法未来二人称単数形で、 “you will come” の意味です。「(死神が)来たぞ」ならば、直説法現在三人称単数の venit “(he/she/it) comes”、または直説法完了三人称単数の venit (ただし e が長い) “(he/she/it) has come/came” であるはずです。

    ・vidies は、解釈不可能です。video「見る」に vidies という語形はありません。下の語形分析でも「そんな形はない」と言われます。

    [url]http://perseus.mpiwg-berlin.mpg.de/cgi-bin/morphindex?lang=la[/url]

    ありもしない形や意味のつながらない形を、正解と認めることはできません。

  • #4206 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    連投で失礼いたします。

    上の投稿で、「ありもしない形や意味のつながらない形を、正解と認めることはできません」と書いたのは少々言いすぎであったと反省しています。「星屑の革紐」の「この両眼=ce œil」のように、ありもしない形がおそらく正解であろうと思われる場合もあるからです。

    「この両眼」の場合が正解であろうと認められるのは、それがフランス語文法に沿わない形であると自覚した上で、作詞者も歌い手もフランス語の母語話者でない(たぶん)以上ある程度の誤りは起こりうると考えられるからです。

    一方、Veles さまの説の場合は、それが存在しない形や意味のおかしい形であるという自覚が(Veles さまご自身にも周囲にも)あるとは感じられませんし、ラテン語の母語話者でない(たぶん)作詞者がわざわざ現在形ではなく未来形を用いるなどの手の込んだ誤りを犯すとは考えられません。

    以上の根拠から、あらためて、わたしは Veles さまの説には反対です。

    ……だからと言って代案があるわけではないのですが。

  • #4210 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    うまく説明することが出来ないので、誘導することくらいしかできないのですが……
    ここの考察は結構筋が通っているので、一度お目に通されるとよろしいかと。
    また、なぜ[b]Chrono Venies! Vidies! Velesa![/b]となったかの道のりも書かれてあります。
    ここあさんが疑問に思われたことが、ひょっとしたら解消されるかもしれません。

    ↓ 地平線への鍵

    http://sound-horizon.seesaa.net/

  • #4213 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    横槍で更に考察でもなく申し訳ないですが…、
    ここは誰かの意見を、賛成できる・できないで論じる場でしょうか?

    SHの楽曲はバックコーラスや歌詞が分かりにくいものが多いことから、この様な掲示板がこの考察サイトに用意されたものだと思います。
    SHの楽曲が好きだからこそ、「これは何て言って歌っているんだろう?」と思い、こうして意見を交わす場が生まれたのだと思います。

    バックコーラスや歌詞の意味が分かれば、より深い考察をする手助けになることでしょう。
    けれどそれはあくまでも「推測」に過ぎないのです。たとえどんなに正解に近いものでも。
    それぞれ推測したものを交換し合って、より自分で深い考察をする為のものであるはずです。
    それが「正解のもの」かどうかは、別です。

    SHの楽曲は正解を探すものではないと思います。
    個人個人がその曲の世界を作り出すものだと思います。
    しかしこれも言ってしまえば、私個人の考えに過ぎません。

    Velesさんの意見もここあさんの意見も、私にはとても参考になりました。
    ラテン語とかは全く門外漢なので…。

  • #4214 Reply

    懐かしいトピを見た気が(;^ω^)

    そうですねえ、内容の仔細はおいといて、確かにこの場は「●○さんの説に反対」とかいう応報をするための掲示板ではないです。
    ただ、おもに主観に頼らざるをえない考察掲示板(チラ裏)とも違い、こちらは「教えて」に対する「正解」を示すFAQ掲示板的な性質もあります。
    よって、ひとつの解答(意見にあらず)に対して、学術的に意見できる方がいらっしゃるなら、無論、その旨は指摘頂いた方が有り難い。もし間違いが間違いと知られずに存在していたら、それが規定の事実になってしまいますから。
    Veles様が書き込まれたのは、もう二年も前の事なので、いまここをご覧になってるかはわかりませんけど、たぶん私と同じことを仰るでしょう。ここあ様、書き込みありがとうございます。

    …とはいえ、んー、出来れば同じサンホラー同士、既にある意見を対象にして正否を論じる事に終始するより、より正解にちかいと思われる解答を示し合う方が、知識の共有という意味でも、読んでて楽しいですねー。
    まあ、別の解答を用意しないと書き込めない、という訳ではありませんけど、それが無ければ、なんだか論駁しただけ、という印象だけが強く残ってしまいますので…

    というわけで、ここに改めて、ここあ様から興味深いご意見が出されました。
    いまだ英語説・ラテン語説・Revo語説と決着の付かない「ぐろのふぃーれっさ」ですが、この二年ほど大きく支持をされていたVeles卿のラテン語説へ、文字通り一石投じられた形に。

    さらなる学識の投入を期待するや切であります(*゚ー゚)=3

  • #4215 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    質問です。

    私には

    C:クロノ [b]帝国暦元年『Grasmereの戦い』[/b]
    BC:フィーレッサ クロノ フィーレッサ
    [b]Alvarez将軍率いる帝国軍第三陣[/b]
    BC:クロノ フィーレッツ フィーレス フェーロッサ
    [b]辺境の地Whiteheavenより上陸[/b]
    BC:クロノ フィーレッサ クロノ フィーレッサ
    [b]疾風の如く馬を駆り敵陣の後背を突いた…[/b]
    BC:クロノ フィーレッツ フィーレス フェーロッサ

    …な感じに聞こえます。
    みなさん、「クロノ フィーレッツ フィーレス フェーロッサ」の部分だけじゃなくって
    「クロノ フィーレッサ」に関して何か無いでしょうか?
    それとも皆さんには「フィーレッサ」の部分は「クロノ フィーレッツ フィーレス フェーロッサ」の部分のどれかとダブって聞こえるんでしょうか?

    ちなみにですね。
    「聖戦と死神」に出てくる地名などは…
    2冊の地図帳で調べた感じだと、実存する名前と一致するものとそうじゃないものと混合しているような感じです。
    私が調べた範囲、でしかないですけど…。

    あと、霜月はるか†Revoの「霧の向こうに繋がる世界」の「Schwarzweiβ ~霧の向こうに繋がる世界~」だと、歌詞カードルビは[b]英語[/b]なのに、バックコーラスは[b]ドイツ語[/b]。
    これはなんかのインタビューで、Revoサマが言ってましたが…イリスのアトリエにドイツ語の地名っぽいの(その)ものだったっけ…)が出てくるからだそうです。

    「聖戦と死神」の世界観で言語があーだこーだといっても、ちょっと根拠としては弱いかもしれませんね。
    この質問と関連する「アーベルジュ」と「アルベルジュ」の問題を解決するような言語と、このバックコーラスの問題を解決する言語は全然違う可能性もあると思います。

    あと蛇足ですがここあさん、書籍資料は読まれましたか?
    私も調べてみたいので、教えてくださると嬉しいです。
    ネットのはどーも胡散臭い気がするのと英語とか分かんないんで、日本語文献で何かあれば、ですけど…。

  • #4216 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    追記。
    まとまってなくってすいません。

    第一部:クロノ フィーレス フィーリッツ フェーロッサ
    第二部:クロノ フィーレッサ×2 クロノ フィーレッツ フィーレス フェーロッサ

    と聞こえます。
    でも私、耳よくないんで正確じゃないと思いますけど…

    あと…なんとか頑張って一年、ラテン語を学んでみたんですが…。
    言葉の響きの感じは凄くラテン語っぽいと思います。
    正解は、ラテン語、もしくはラテン語系の言語、それかラテン語をモデルとした造語だと思います。
    中性詞複数主・呼と対はほぼAで終わりますし、Sで終わるのは山のようにありますし。
    とか思ったり…。

    クロニカとベースティア(沈んだ歌姫に出てくるべスティアはイタリア語のハズ。ややこしいですが。ラテン語は伸ばし。書の魔獣だと「書にきーざまれしベースティア♪」しかないですし)やシスティマはラテン語なんで、ラテン語は結構有力かと。

    が、[b]ページは英語[/b]ですからね…。(ラテン語は「pagina」パギナ)

    案外、頭を「F」に統一してコーラスとしての響きを整えるために、いろんな言語が混ざっている・・・かもしれません。
    まぁ、可能性は低いとは思いますが。

    それから、聖戦と死神は要素ごとにモデルと思われる要素の年代がぐっちゃぐちゃですから、なかなか世界観から言語推察は難しいかも…。

    失われし詩は造語にするメリット有ですけど、聖戦と死神に造語にするメリットはあんまり無い気がするので、何かしらの言語を使っている可能性が高いとは思いますが。

    …こんな感じで。

  • #4220 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

     正直なところ、わたしもこの掲示板に投稿することは迷いました。実は、『地平線への鍵』にはすでにメールでさまざまに意見を申し上げています。返信もいただきましたが、多忙で更新作業ができないとのことで、結果としてわたしの意見は(単なる事実誤認の指摘が大半ですが)ほとんど『鍵』に反映されていません。

     ni さまへ。わたしも楽曲に「正解」を定めようとは思いません。聞き手の数だけ推測があり解釈があるのが当然だと思います。だからこそ、聞き手が多く集まる『クロニカ学習帳』の場で誤った情報を提供することは、聞き手の自由な推測や解釈を縛り、歪めます。

     わたしが Veles さまの解答に賛成できないのは、”Chrono Venies! Vidies! Velesa!” がラテン語で「時間だぞ。来たぞ!見ろ!死神だ!」(『鍵』より引用)という意味に解釈できないからです。あの楽曲のバックコーラスの推測として適切か云々以前に、解答自体の中に矛盾をかかえているのです。

     そして、わたしがこの掲示板への投稿を決意したのは、ぐっこさまもおっしゃるように、「間違いが間違いと知られずに存在」することを恐れたからです。放置すれば “Chrono ~” が本当に正しいラテン語で「時間だぞ~」という意味だと信じられてしまいかねません。『鍵』の更新が停止している今、『学習帳』でこの説が批判なしに流布することは、望ましいとは思えません。

     Veles さまの解答は、善意に解釈すれば、ラテン語の誤りを含んでいます。その誤りを正すのは、わずかながらラテン語運用能力を身につけている者として、なすべきことだと考えます。

     以上、自己弁護でした。

     タマルさまへ。
     わたしが参照したのは、松平千秋・国原吉之助『新ラテン語文法』第七版(東洋出版 2000、初版 1992)です。
     日本語で手に入れやすい辞書としては、田中秀央『羅和辞典』増訂新版(研究社 1966、初版 1952)があります。

     ついでなので言い足しますと、「システィマ」には少し問題があります。ラテン語の systema は「システーマ」であって、二番目の母音は i ではありません。systema に相当する語を、二番目の母音を i にして発音するのは、わたしの狭い知識の範囲では現代ギリシア語の sistima だけです。

     わたしの推測では、何かの意図であえて現代ギリシア語を採用したのではなく、「ベスティア」と音を合わせるためと、「システマ」ではなんとなく格好が悪いから、という理由で変えたのだと思うのですが。

     質問されてもいない場所につっこむのは揚げ足取りもいいところだと自分でも思いますが、SH の楽曲は細かいところにも気を抜けないのだ、ということで、ひとつご勘弁ください。(せめて一箇所くらい自分なりの解答を示したい、というわたしの焦りもあります。)

     プレビューして、投稿の長さに呆然としました。ご容赦ください。無駄な文言は一句として無いつもりです。

  • #5222 Reply

    ゲスト投稿
    Participant

    ここあさん
    あなた空気読めます?

Reply To: 聖戦と死神で度々かかるコーラス 「ぐろのふぃーねっさ!」
Your information: