イヴェールと双子の声について

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。6 年、 6 ヶ月前 ゲスト投稿 さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #3206 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    今更こんな所に書き込むのもどうかと思ったのですが、
    他に適切な場所がないのでここで質問させていただきます。

    イヴェールと朝子・夜子の声についてなのですが、歌の時と語り(台詞)の時で声が違いますよね。

    イヴェールは歌:Hiver Laurant 語り:緑川 光
    朝子は 歌:YUUKI 語り:田村ゆかり
    夜子は 歌:KAORI 語り:能登麻美子

    だと思うのですが、同じ人物(キャラクター)でありながら歌い手と語り手が
    分かれている事には何か意味があるのでしょうか?

    同じRomanのアルバムの中でもJimangは歌も語りもやっていますよね。
    ということは、イヴェールと双子に関しても歌い手が歌と語りを両方やってもいいんじゃないか、
    というかその方が自然では?と思うのですが・・・。

    単に当時の歌い手の方々の技術の問題(と言うと言い方が悪いですが)と言われてしまえば
    それまでなのですが、気になったので質問させていただきました。

  • #7668 返信

    ゲスト投稿
    参加者

    今更の返事になってしまってますが、
    結論から言うと、まだ歌姫達が「台詞」というものに慣れていなかった事が理由です。

    続く『聖戦のイベリア』『Moira』でも歌い手の台詞パートがさほど多くない事をみると、
    初参加で台詞だらけの『M?rchen』からのメンバーの苦労が偲ばれます。

返信先: イヴェールと双子の声について
あなたの情報: